リリィ、はちみつ色の秘密ーーーThe Secret Life of Bees

監督:ジーナ・プリンス・バイスウッド

主演:ダコタ・ファニング、クィーン・ラティファ

2008年公開のアメリカ映画です。とても平和で癒される内容です。

1964年、14歳の少女リリィ(ダコタ・ファニング)は父親と黒人のお手伝いさんと生活しています。父親は口数が少なく、凶暴な性格のため、日頃お手伝いのロザリンと仲良くするリリィですが、4歳の時に、父親と母親が激しい口論の中、母親が落とした拳銃を拾おうとしたら拳銃が誤って発砲したため、母親が亡くなりました。このことでリリィはずっと罪悪感を抱えて生きていて、そして父親に体罰や暴力を振るわれることもあります。お手伝いのロザリンが選挙権を取りに行こうとすると、白人から嫌がらせを受けました。父親が助けてくれなかったため、リリィはロザリンと家出することを決意。ヒッチハイクをしながら、二人はティブロンの街に辿り着く。お店で黒い聖母像が描かれた瓶の蜂蜜を見たリリィは、これは母親の遺品で見たことを思い出しました。母親と関連があることを知りたいと思ったリリィは街の人から聞いて、この街に住むボートライト姉妹が住むピンクのお家に行きました。性格が違う黒人3姉妹は蜂蜜製造で生計を立て、豪邸に住んでいます。優しい長女のオーガスト(クイーン・ラティファ)はリリィとロザリンの滞在を許してくれました。次女のメイは双子の姉妹を亡くしたことで悲しみに極端に弱いがとても心が優しい、三女のジューンはきれいで気が強い。二人は離れに住み、リリィは蜂蜜製造、ロザリンはキッチンを手伝うことになりました。優しい人達との生活の中で、リリィは心の平和を取り戻しました。一緒に蜂蜜製造を手伝うザックという黒人少年とリリィはデートで映画館に行って、人種別の入り口に入っても、白人の女の子を連れて歩くことで、帰りにザックが白人に連れて行かれました。ボートライト家は人権弁護士にザックの奪還を頼むも、メイはその悲しみに耐えられなくて自殺してしまいました。自分がいるから悪いことばかり起きる思ったリリィはボートライト家を出ようとするが、オーガストに止められ、オーガストから母親のことを聞かされました。オーガストは昔リリィの母親の子守りだったことを話し、父親との恋愛や結婚も知っている。結婚当初は幸せでも次第に父親の性格に耐えられなくなった母親はオーガストの元に逃げ込んできました。そして、リリィが住んでいる離れに住んでいた。精神的に安定して、生まれたばかりのリリィを迎えに行こうとして、父親と口論になりました。それを聞いたリリィは母親は自分を捨てようとしたわけではなくて、母親に愛されていたことを知る。ザックは帰ってきた、若い二人は将来のために頑張ることを誓い合う。リリィの父親はやっとリリィの居場所を探してきて、リリィを連れ戻そうとするが、リリィは母親について知ったからもう戻らないと、オーガストもリリィをサポートしました。そして、リリィは母親とオーガストと黒人の聖母様の3人の母親がいると心に強く思いました。

殺伐としたストーリーはないものの、時代背景の人種差別がよく反映されました。差別されても逞しく生きる黒人の女性達の中で、親子二代に渡って世話になったリリィは、その人達の優しくて広い心のおかげで、自分の居場所を見つけることができました。少女の時代は本当に自分の居場所や存在意義を確かめたい時期だと思います。自分のせいで母親が亡くなり、父親に冷遇されたリリィはどんなに寂しい思いをしたことか。そして、オーガスト達姉妹を見ているととても励まされます。時代の弱者であっても、自らの才能を信じて、人に優しくて、幸せに暮らすことができます。そして、人にも愛されます。印象に残るハートウォーミングな作品でした。


スポンサーリンク

 


映画評論・レビューランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です